2013年11月30日

歯のホワイトニングは医療行為です

最近、「歯科診療所ではないお店」の安い歯のホワイトニングの広告をお見受けしました。
医療行為に当たりますので、違反になってしまうのと、不快症状などトラブルが予想されます。
口の中のどこかの場所が傷ついた、痛みが止まらないなど何かあったら、
結局、歯科が対処するしかありません。
できれば止めた方が良いと思います。

その手のことは昔から消費者トラブルは多いです。
トラブル時の返金はもちろんですが、
「ケガ・病気」になったらそれを治すのは
私たち医療従事者です。
私たちは責任を持って、根拠(エビデンス)に基づいた治療(医療)をしています。
線引きしたい所です。
posted by akiradentaloffice at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする