2014年07月09日

「口臭と口臭症」についての講演会

アキラデンタルオフィス歯科衛生士の末永です。

梅雨入り直後はあまり雨が降らず、水不足の心配をしていましたが、
やっと本格的に雨が降る様になり安心しています。

少し前になりますが、
6月21日長崎県立美術館で
口臭外来を専門にしてらっしゃる本田先生による
「口臭と口臭症」についての講演会に
当院歯科衛生士一同行ってまいりました。

口臭はなかなか自分でわからないため、
皆さんも一度は気にされたことがあるのではないでしょうか?

今回の口臭と口臭症について
口臭は生理的・病的に実際に口から臭いが発せられていること。
その原因は様々で
空腹時や緊張時に起こる生理的口臭と
鼻腔に膿がたまっていてその臭いが常にしていたため自分に口臭があると思われた例、
咽頭の炎症から口臭が出た場合などの病的口臭があります。
多くの人は口臭を疑ったとき、
舌の掃除や含漱剤を使って口臭を消そうとするため、
本田先生のもとに来院される方はほとんど口腔内の清掃状態が良いとのことでした。
口腔内のプラークや歯周病があるためにおこる口臭であれば
清掃・歯石取りなどを行うことですぐに改善することができます。
耳鼻科関係の原因があれば耳鼻科へ、
心因的なものであれば心療内科や精神科へ
原因を突き止め、必要であれば医科と連携することで直接的な治療を行うということでした。

一方、口臭症は
実際はなくても、口臭があるのではないかと悩むこと。
生理的口臭を気にされている方から、強迫性障害で過度に口臭を気にされている方まで
口臭について悩んでいる方であれば口臭症になるそうです。
口臭についての対策と、口臭症と向き合うにはどうすればよいのか
医科との連携についてや、
ディスカッションなども行われとても充実した講演会でした。


さて、アキラデンタルオフィスにはオーラルクロマという
口臭の原因となるガスを測定する機械があります。
口臭の原因物質VSC(揮発性硫黄化合物)を
それぞれどのくらいあるか調べることができるため
グラフによって実際に目にしていただくことができ
何が原因で口臭が起こっているのかがわかります。

VSCの種類は
● 硫化水素…卵の腐った臭い:生理的口臭の原因物質
● メチルメルカプタン…野菜や魚が腐った臭い:歯周病患者から多く検出
● ジメチルサルファイド…青海苔の臭い:これが多い場合は内臓疾患の疑い
などです。

舌苔は舌ブラシでの清掃やデンタルリンスの使用、
歯周病は歯石取りなどの歯周病の治療、
消化器系からの呼気には臭いの強い食物を避ける、胃にストレスをためない
このようなことで口臭を防ぐことができます。

オーラルクロマの測定時間は20分程度ですので、
気になる方は是非測定してみて下さいね。

posted by akiradentaloffice at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック