2014年07月29日

7/27九州口腔衛生学会に佐世保市歯科医師会として参加しました

10155940_668709086555784_7223563160962366195_n.jpg

院長の須田晶です。
先週末H26.07.27(日)に宮崎市で行われた九州口腔衛生学会に参加しました。
佐世保市歯科医師会が発表したポスターは優秀賞をいただきました。
これは佐世保市と歯科医師会が行ってきた8020達成者に対する健康状態のアンケート調査についてでした。
また佐世保市が行っている小学校・幼稚園・保育園におけるフッ化物洗口のこれまでの報告についても
概ね高評価だったようです。

昔は考えることも少なかったのですが、
歯科のあり方を考えさせられます。
社会に対して何ができるのか。

まあ、私ごときが語ることは憚れるのですが、、、

最新のコンテンツをダウンロードするのも歯科の仕事でしょうし、
コンプレックスを解消し、笑顔を取り戻すのも
当院においては大事な仕事です。

一方で、地域に密着、貢献ということも忘れてはいけませんし、
そのためには歯科医師会として
地域を支えるというのは大事な仕事と考えます。

私が佐世保市に帰ってくる前から
多くの先生方が佐世保市民(または県内・県内周辺)の
お口の状態や健康状態、食育に携わって、
歯と口腔の健康条例もできました。
その結果、フッ化物洗口を推し進めることができました。

(まあ、未だにフッ化物は毒だから…と、放言する、
知識がなく統計的な考え方もできない輩もいますけど。)

今回のポスター発表も先達あってこそ。
そして多くの人の助けがあってこそ。

社会においては私はひとつの小さな歯科のパーツ、
個人に対しては健康に携わる歯科医師、
何が本当に必要とされるのか、
そういったことをいつも考えながら
アキラデンタルオフィスという小さな歯科医院を
営んでいます。

しかし小さな歯科医院でも皆にとって
大きな結果を残せれば
これ以上の幸せはありません。

なかなか理想通りに世の中も上手くいきませんが・笑、
心根だけは大切にしたいと思っています。
posted by akiradentaloffice at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック