2014年12月20日

サービスについての独り言。

サービスって、、、プロのパフォーマンスであって、
当然、モノをあげたりすることではないんですけどね。。。
それは相手にとってのただの既得権益で、
相手から何かが返ってくることはないし。
報酬・利益も出ることはなく。
「うちのメソッドです」と言われればそういうことなんでしょう。

サービスはモノをもらったり、本業・本質以外の何かしてもらったり、
ということではない。
本業・本質以外の口(クチ)コミと
本来の口コミを混同しているようでは
そこの事業はおしまい。
サービスは流通と地域社会への貢献への入り口。

まずサービスはスタンダードのレベルアップと
ニッチなニーズの融合させて、
パフォーマンスの発揮の場になることが望ましい。

サービスの安定供給と顧客の確保。
ただ、ありがたくもないモノ、望まれていないモノで
人を「釣ろう」としていると、自分もフィッシングに遭う。
騙そうとする人間は騙されるのだ。
上擦った、軽々しい気持ちで人は動かせない。
人を動かせるのは誠実さと情熱。

過大な先行投資も釣り・フィッシングに当たると考える。
目先の利益に目がくらみ、
回収不可能になることが分かっていない。
積算ではなく、人の満足度・効果を考えられれば、
穴に落ちにくく、自然に結果が付いてくる。

地域社会が流通するようになるには
質が良い本物の何かが供給されることが一番良い。
地域に信頼される地盤を固め、
社会的に弱い人、コンプレックスがある人たちを救えるとなお良い。
一番、安心・安定を欲しがっている人たちだ。
ここのコミュニティの伝わり方(口コミ)はとても大きい。
満足度も高い。

そして、サービス側は仕事において、
社会的な存在意義を感じるものだ。
自分たちが誰の目も憚ることなく、
正しいことをしているというのは
充実感と達成感を感じる。

弱い層を拾うということは
それだけスキルもある。
おごることなく、
本来のパフォーマンス・実力で勝負すれば良い。

パフォーマンスの節々にセンスと学識を感じてもらえればなお良い。
自分のセンスの先を行くサービスは
受ける側にとって身を委ねても良い安心感に包まれる。
サービス側は目先の回収を急がなくても良い。
需要側・供給側とストレスを感じない自然な形を
作れるのが理想の流通。

サービスは自身が淘汰の淵に立っていることを
忘れてはならない。
社会・世の中に必要とされるには、
本物としてスキルが必要。
第一線のサービスを自分の中で確立している必要性がある。

本物を見抜くには五感で感じる生活を
常日頃からしていなければいけない。
他人と一緒にいる時に安心している生活では、
自分の中の感受性は磨けない。

自分の中心を定めつつ、
大きな行動範囲と揺れ幅の中で、
新しい自分を確立していく。
真っ新な感受性は探究心と供給するための学識に変わり、
それがサービスに変わる。

より良いサービスは共有する地域社会を
より良いものに変える。
そして地域社会や郷土を愛する心に変わる。

長く安定するもの、古いものを作るには
人を育てることが不可欠。
サービスはその人たちの不安やコンプレックスを取り除き、
前向きな気持ちを取り戻させるものと考える。
サービスは琴線に触れるものになればとても良い。

サービスは地域社会への貢献への入り口。
自分を確立し、用意し、結果を出す。
相手とゴールを共有し、幸せにする。

… … …


見る人によっては「何を甘いこと」を…ということになるのでしょうね。
ただ、利己的に生きず、フラフラせず、
また裏表なく、下心なく、
生きていく上で、大切なもの、
これから助け合わなければいけない社会での気持ちとスキルを
自分は大切にして生きていきたいと、考えています。

みんなが大切に思っているものを生かせる社会作りに
貢献していきたいものです。

長文・駄文失礼しました。
posted by akiradentaloffice at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック