2017年03月07日

セラミックは美しさと満足度

レイヤリング

最近はいろいろなセラミックが増え、安価なものも多くなってきましたが、
写真のセラミックはメーカー純正品使用の『e-max(イーマックス)』、
実は多くの歯科医院も自院のラボ出しe-maxが純正品でないことを知りません。

これは当院でも価格的に2番目のランクのものです。
セラミックと名前が付いていても同じではありません。
他院でこれが満足度が下がり、歯科不信に陥る原因の1つと考えています。
情報の供給(説明)不足です。

最近、当院懇意の技工士さんがスライドを作ってくれたので、
そこから引用します。

ーーーーーーーーーーーー

e.maxプレスはステイニングテクニックで色を合わせるe.maxステインと
陶材を築盛するe.maxレイヤリングテクニックがあります。

レイヤリングテクニックは明度を調整しやすく色合わせが難しい歯にも対応しやすい反面、
強度的な部分では陶材を盛らないステイニングテクニックが勝ります。

最近では他社のシステムでは埋没する前のWAXパターンに
リキッドを吹き付ける事でプレス後にサンドブラストでの反応層の除去が
スピードアップした反面、適合が緩く甘くなったとか、ならなかったとか。
e.maxは反応層を軟化させる液を使用した後にサンドブラストします。
時間はかかりますが、適合精度が優れます

-----------------------------------

機械で削り出すものもなかなかの精度になってきましたが、
正直、人の手にはまだ敵いません。
センスと精度が必要とされる治療があることに留意していただきたいところです。
posted by akiradentaloffice at 10:19 | TrackBack(0) | 歯科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック